陶淵明の世界

HOME本館ブログ東京を描く水彩画万葉集をよむフランス詩選プロフィール掲示板サイトマップ



 閑情賦:陶淵明のエロティシズム


閑情賦は、陶淵明の数ある作品の中でも、古来議論の多かったものだ。陶淵明といえば反俗を旨とし、田園に生きることを謳歌した詩人というイメージが確立されていたから、人間の情念を怪しく描いたエロティシズム溢れるこの作品は、淵明にまとわるイメージから著しく外れていると受け取られてきたのである。

閑情とは閑かな情ということではなく、情を閑めるという意である。情とは情念、すなわち欲情をさす。欲情を鎮めるというのであるから、文意の上からは禁欲を旨としたものでなければなるまい。ところが、この作品は、全編人間の欲情をくまなく抉り出して語っている。

だから一読しての印象は、「放蕩賦」とも名づけたくなるようなものだ。着物の襟となって女の首の匂いをかいでみたいと願ったり、履物となって女の足に踏まれてみたいと願ったり、その欲情は見境がない。

閑情賦とはだから、欲情を発散させることで初めて心の平衡を求めようとする、逆説的な心のあり方を歌ったものなのだといえよう。

中国の歴史上、エロティシズムを好んで取り上げた文人は皆無に近い。怪力乱神を語らずという精神的な伝統が、そのような行為を強く抑制してきたからである。だから、陶淵明がこのような作品を書いたことは、後世の人々にとって理解しがたいものに映った。

梁の蕭統などは、この作品を白壁の微瑕と呼んで、その価値を貶めようともした。だがこの作品はそんな思惑を超えて長く生き続けてきた。ある意味では、陶淵明という詩人をもっとも良く語っているものかもしれぬ。


閑情賦・序文

  初張衡作《定情賦》,蔡邑作《靜情賦》,
  檢逸辭而宗澹泊,始則蕩以思慮,而終歸關ウ。
  将以抑流宕之邪心,諒助於諷諫。
  綴文之士,奕代繼作,並固觸類,廣其辭義。
  余園閭多暇,復染翰為之。
  雖文妙不足,庶不謬作者之意乎?

  初め張衡《定情賦》を作り,蔡邑《靜情賦》を作れり。
  逸辭を檢へて澹泊を宗とし,始めは則ち蕩(うご)かすに思慮を以てし,
  而して終に關ウに歸す。
  将に以て流宕之邪心を抑へ,諒に諷諫に助けあらんとす。
  文を綴る之士,奕代繼いで作り,
  並びに類に觸るるに固(よ)りて,其の辭義を廣めたり。
  余は園閭暇多く,復た翰を染めて之を為れり。
  文の妙は足らずと雖も,庶はくは作者之意を謬らざらん乎?

漢の張衡は《定情賦》を作り、ついで蔡邑は《靜情賦》を作った。いづれも放埓な文辞を抑制して、淡白を旨としていた、始めこそは放蕩に流れていても、最後は端正にまとめている、あたかも邪まな欲望を抑えて、諷諫の一助にしようとしたかのようだ、

その後、さまざまな文士が現れ、同じような主題を取り上げては、その辞儀を広めてきたものだ、

余は、田舎住まいで暇も多いことから、先人にならって筆をとり、同じ主題を掘り下げてみようと思った次第である、文の妙は足らずといえども、先人たちの意に反せざることを願う


閑情賦・本文

  夫何環逸之令姿   夫れ何ぞ環逸之令姿の
  獨曠世以秀羣    獨り曠世以て羣に秀づるや
  表傾城之艶色    傾城之艶色を表し
  期有コ於傳聞    有コを傳聞に期せん

それ何と美しい姿の、世に秀でたることよ、そなたの美しさを称え、有徳のさまを世に知らしめよう

  佩鳴玉以比潔   鳴玉を佩びて以て潔きを比し
  齊幽蘭以爭芬   幽蘭と齊びて以て芬を爭ふ
  淡柔情於俗内   柔情を俗内に淡くし
  負雅志於高雲   雅志を高雲に負ふ

そなたの清らかさは鳴玉のようで、そなたの薫り高さは谷間に咲く蘭の花のようだ、そなたの優しい心は俗世間では目立たぬが、志の高さは雲にも比せられる

  悲晨曦之易夕   晨曦の夕れ易きを悲しみ
  感人生之長勤   人生の長き勤しみなるを感ず
  同一盡於百年   同じく一(みな)百年に盡き
  何歡寡而愁殷   何ぞ歡び寡くして愁ひ殷きや

朝の日は暮れやすく、人生は苦しみばかり、人の寿命は百年に過ぎないというのに、何故喜びは少なく愁いばかりが多いのか

  掲朱幃而正坐   朱幃を掲げて正坐し
  汎清瑟以自欣   清瑟を汎して以て自ら欣ぶ
  送纖指之餘好   纖指之餘好を送り
  攘皓袖之繽紛   皓袖之繽紛たるを攘(はら)ふ
  瞬美目以流眄   美目を瞬きて以て流眄し
  舍言笑而不分   言笑を舍みて分たず

そなたは赤い帳をかかげて正座し、琴を弾じて自らを慰められる、そなたの細い指先からは妙なる音が流れ出し、音につれて袖先が舞い上がる、時に美しい目を瞬いて流し目を送り、口元をほころばせては何を言おうというのだ

  曲調将半   曲調将に半ばならんとし
  景落西軒   景 西軒に落つ
  悲商叩林   悲商 林を叩き
  白雲依山   白雲 山に依る

曲の調べが半ばにならんとする頃、夕日が西の軒端に沈んだ、秋風が林に吹き渡り、白雲が山の端にただよう(悲商:秋風)

  仰睇天路   仰ぎて天路を睇め
  俯促鳴絃   俯して鳴絃を促せば
  神儀憮媚   神儀 憮媚たり
  舉止詳妍   舉止詳妍たり

そなたは天を眺め上げると、目を伏せて琴に向かう、心ざまの何とやさしく、振る舞いの何と麗しいことよ(神儀:心ざま、舉止:立ち居振る舞い)

  激清音以感余  清音を激して以て余を感ぜしむ
  願接膝以交言  願はくは膝を接して以て言を交へん
  欲自往以結誓  自ら往いて以て誓を結ばんと欲するも
  懼冒禮之為侃  禮を冒すの侃(あやまち)たるを懼る

余はそなたの発する清音に感じ入り、そなたと膝を接して言葉を交わしたく、是非そなたの傍に行きたいと思うのだが、礼を失するのではと躊躇するのだ

  待鳳鳥以致辭  鳳鳥を待って以て辭を致さんとすれば
  恐他人之我先  他人我に先んぜんことを恐る
  意徨惑而靡ィ  意 徨惑してィ(やす)きこと靡く
  魂須臾而九遷  魂 須臾にして九遷す

鳳鳥を使いに立ててわが思いを届けようと思うのだが、他人が先を越すのではと恐れられてならぬ、思いは千路に乱れ、心はめまぐるしく揺れ動く

  願在衣而為領  願はくは衣にありては領と為り
  承華首之餘芳  華首の餘芳を承けん
  悲羅襟之宵離  悲しいかな 羅襟の宵に離るれば
  怨秋夜之未央  秋夜の未だ央きざるを怨む

願わくばそなたの衣の襟となって、首の香りをかいでみたい、だが悲しいことに衣は宵に脱ぎ捨てられ、長い夜を耐え忍ばねばならぬ

  願在裳而為帶  願はくは裳にありては帶となり
  束窈窕之纖身  窈窕の纖身を束ねん
  嗟温良之異氣  嗟 温良の氣を異にすれば
  或脱故而服新  或は故きを脱ぎ新式を服る

願わくばそなたの裳の帯となって、そなたのか細い腰を束ねてみたい、だが気候が変われば旧い裳は脱ぎ捨てられてしまうかもしれぬ

  願在髮而為澤  願はくは髮にありては澤となり
  刷玄鬢於頽肩  玄鬢を頽肩に刷はん
  悲佳人之屡沐  悲しいかな佳人屡しば沐し
  從白水以枯煎  白水に從りて以て枯煎するを

願わくばそなたの髪に塗る油となって、そなたの髪をとかしてみたい、悲しいことには沐浴の際、水で洗い流されてしまうだろう(澤:髪油)

  願在眉而為黛  願はくは眉にありては黛となり 
  隨瞻視以阯g  瞻視に隨って以て閧ゥに揚らん
  悲脂粉之尚鮮  悲しいかな脂粉の鮮かなるを尚び
  或取毀於華粧  或は華粧に毀たれんことを

願わくばそなたの眉に塗る黛となって、そなたの視線の動きに従い自らも上下してみたい。悲しいことには白粉はたびたび塗り替えられ、そのたびに消されてしまうかもしれぬ

  願在莞而為席  願はくは莞にありては席となり
  安弱體於三秋  弱體を三秋に安んぜん
  悲文茵之代御  悲しいかな文茵の代り御して
  方經年而見求  年を經るに方りて求められんことを

願わくば蒲のむしろとなって、そなたのか弱い身体を秋三月の間休ませてあげたい、悲しいことには秋の終わりには、トラの皮の敷物によって取って代わられるかもしれぬ(文茵:模様のあるトラの皮の敷物)

  願在絲而為履  願はくは絲にありては履となり
  附素足以周旋  素足に附きて以て周旋せん
  悲行止之有節  悲しいかな行止の節ありて
  空委棄於床前  空しく床前に委棄せらるるを

願わくば生糸で編んだ履となって、そなたの素足とともに歩んでみたい、悲しいことに歩まぬときには、空しく床前に履き捨てられたままかもしれぬ

  願在晝而為影  願はくは晝にありては影となり
  常依形而西東  常に形に依りて西東せん
  悲高樹之多蔭  悲しいかな高樹の蔭多くして
  慨有時而不同  時ありて同にせざるを慨(かこ)つ

願わくば日中は影となって、そなたと挙動をともにしたい、悲しいことに木陰多く、時には共にいることが出来ぬかも知れぬ

  願在夜而為燭  願はくは夜にありては燭となり
  照玉容於兩楹  玉容を兩楹に照らさん
  悲扶桑之舒光  悲しいかな扶桑の光を舒べ
  奄滅景而蔵明  奄ち景を滅して明を蔵(かく)すを 

願わくば夜の間は蝋燭となり、柱の間にそなたの姿を照らしたい、悲しいことに朝が来れば、日が昇ってわが光を隠すかもしれぬ

  願在竹而為扇  願はくは竹にありては扇となり
  含凄風於柔握  凄風を柔握に含まん
  悲白露之晨零  悲しいかな白露の晨に零ちては
  顧襟袖以緬漠  襟袖を顧みて以て緬漠たるを

願わくば竹で編んだ扇となって、そなたの手に握られ涼しい風を送りたい、悲しいことに露が落ちる頃には、そなたの襟袖に後ろ髪を引かれつつ去らねばならぬ

  願在木而為桐  願はくは木にありては桐となり
  作膝上之鳴琴  膝上の鳴琴と作らん
  悲樂極以哀來  悲しいかな樂しみ極りて以て哀しみ來り
  終推我而輟音  終に我を推して音を輟(や)めしむるを

願わくば木にあっては桐となり、そなたの膝の上の琴となりたい、悲しいことに楽しみ極まり悲しみ来れば、弾かれることもなくなるかもしれぬ

  考所願而必違  願ふ所は必ず違ふを考ふれば
  徒契闊以苦心  徒に契闊して以て心を苦しましむ
  擁勞情而罔訴  情を勞して而も訴ふる罔きを擁して
  歩容與於南林  歩して南林に容與す
  棲木蘭之遺露  木蘭の遺露に棲(やす)み
  翳青松之餘陰  青松の餘陰に翳れん

わが願いはどれも満たされることがない、いたずらに身を切られるような辛い思いをするばかり、悶々とした思いを抱いて、南林に徘徊しては、木蘭の露の傍らに身を休め、青松の影に身を隠そう

  儻行行之有覿  儻(も)し行き行きて覿ること有らば
  交欣懼於中襟  欣びと懼れと中襟に交ごもならん
  竟寂寞而無見  竟に寂寞として見ること無く
  獨悁想以空尋  獨り悁想して以て空しく尋ねん

もしそなたに会うことがあらば、わが心中には喜びと恐れが交差することだろう、だがついに会えることなく、心に憂えを抱きながら空しく訊ね回るばかりだろう

  斂輕裾以復路  輕裾を斂めて以て路に復り
  瞻夕陽而流歎  夕陽を瞻て流歎す
  歩徙倚以忘趣  歩み徙倚として以て趣を忘れ
  色慘悽而矜顏  色は慘悽として顏を矜す

裾をからげて帰り道につき、夕日を眺めては溜息をつく、我が歩みはとぼとぼとして行き先もわきまえず、顔色は優れずして涙さえ流れるのだ

  葉燮燮以去條  葉は燮燮として以て條を去り
  氣凄凄而就寒  氣は凄凄として而て寒に就く
  日負影以偕沒  日は影を負ひて以て偕に沒し
  月媚景於雲端  月は媚(なまめ)かしく雲端に景(ひか)る

葉ははらはらと枝から落ち、空気は寒々としてきた、日は沈んであたりは暗くなり、月が雲の端にかかる

  鳥悽聲以孤歸  鳥は聲を悽にして以て孤り歸り
  獸索偶而不還  獸は偶を索めて還らず
  悼當年之晩暮  當年の晩暮を悼み
  恨茲歳之欲殫  茲の歳の殫きんと欲するを恨む

鳥は悲しい鳴き声をあげながら巣に戻り、獣は伴侶を求めてうろつきまわる、悲しいかな余も次第に年をとって、今年もまた去らんとするのを恨む

  思宵夢以從之  宵夢以て之に從はんと思へども
  神飄飄而不安  神飄飄として安からず
  若馮舟之失棹  舟に馮りて棹を失へるが若く
  譬縁崖而無攀  崖に縁りて攀る無きに譬ふ

せめて宵の夢の中でそなたに会いたいと思うのだが、心は飄々として定まらない、船に乗りながら棹を失い、崖をよじらんとしてつかむところのない気持ちだ

  于時畢昂盈軒  時に畢昂は軒に盈ち
  北風凄凄     北風凄凄たり
  耿耿不寐     耿耿として寐られず
  衆念徘徊     衆念徘徊す
  起攝帶以伺晨  起きて帶を攝(むす)びて以て晨を伺ふに
  繁霜粲於訴階  繁霜訴階に粲たり

星星は軒先に輝き、北風はわびしく吹く、目が冴えて眠ることもならず、様々な思いが去来する、起き上がって帯を結び朝の来るのを待たんとすれば、階には霜が降りて白く輝いている

  鶏歛翅而未鳴  鶏は翅を歛めて未だ鳴かず  
  笛流遠以清哀  笛は遠きに流れて以て清哀たり
  始妙密以閑和  始めは妙密にして以て閑和なるも 
  終寥亮而藏摧  終には寥亮として藏摧く

鶏はまだ羽根を収めて寝ているというのに、遠くに笛の音が聞こえる、始めはしめやかで穏やかな音であったが、次第に高らかに響き、聞くものの腸を砕くほどだ

  意夫人之在茲  意ふに夫人の茲に在りて
  託行雲以送懷  行雲に託して以て懷ひを送るならんか
  行雲逝而無語  行雲逝いて語無く
  時奄冉而就過  時は奄冉として過に就く

もしかしたら、そなたがそこにいて、雲に託して思いを送ってくれるのだろうか、だが雲は去って言葉は届かず、時はたちまちに過ぎ去り行く

  徒勤思以自悲  徒らに勤しみ思ひて以て自ら悲しみ
  終阻山而帶河  終に山に阻まれ河に帶る
  迎清風以去累  清風を迎へて以て迎累を去(しりぞ)け
  寄弱志於歸波  弱志を歸波に寄せん

いたずらに思い煩ったばかりに、そなたとはついに山河に隔てられてしまったようだ、もう思い煩うことはやめて、心中の悩みを風に乗せて吹き払い、惰弱な心を東流する川に流そう

  尤蔓草之為會  蔓草の會を為すを尤(とが)めて
  誦邵南之餘歌  邵南の餘歌を誦ぜん
  坦萬慮以存誠  萬慮を坦(うちあ)けて以て誠を存し
  憇遙情於八遐  遙情を八遐に憇はしめん

男女の密会をこそこそと求めることはやめ、高らかな歌を歌おう、妄想を打ち明けて清い心に戻り、雑念を吹き飛ばしてしまおう



前へHOME次へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである